東京 池袋唯一のラドン浴ルーム、ホルミシスルームのお店 たんぽぽ堂

070-5551-7702

Rさん ラドン浴療法 60代の男性 前立腺癌

 

 医師がすすめるラドン温湿浴からの抜粋です。前立腺癌患者Rさんのケースを取り上げました。その内容を以下に簡単にまとめました。是非、御覧下さい。

 以下の内容は前立腺患者のケーススタディとして取り上げたものであり、効果効能を保証したものではありません。予め御了承ください。

 

 「2012年6月ステージⅢの前立腺癌が見つかりました。手術や抗癌剤治療を一切拒否し、自然治療のみで癌を克服しようという考え方の持ち主で、ゲルソン療法と高濃度ビタミンC療法とラドン浴療法を実践しています。この治療で仕事を普通通りこなしており、一見癌患者に見えません。」

 

 以上です。以下は私からの個人的見解・治療法の補足説明です。

 

1 手術や抗癌剤治療を拒否した点について

 手術は肉体的に負担を、抗癌剤治療はめまい・脱毛・嘔吐・下痢等の副作用を伴います、自然治療を選んだのはそのような負担・副作用を避けたかったからだと考えます。一般に、癌の標準治療として、手術ないし抗癌剤治療を行います。Rさんは、標準治療を断固拒否し、標準治療以外の代替治療を選択します。代替治療法についての情報を集め、自分にどのような治療法が合うか選択し、結果、ゲルソン療法+高濃度ビタミン剤+ラドン浴療法の3つの治療法を併用する治療法を選択したものと思われます。最初から、肉体的負担の伴う標準治療ではなく代替治療受けることで癌をある程度克服し普通の日常生活を送ることができるようになった点では、最良の選択をしたと言えるではないでしょうか。

 癌の治療に当たり最良の方法を選択するに大切なことは、

①様々な治療法についての情報を集めること

②それらの治療法を試すこと

③自分に合う治療法を選択すること

ではないででょうか。標準治療を絶対視しないほうがいいかもしれません。

 

2 ゲルソン療法とは

 「ゲルソン療法」とは、ガンの原因となる食品を排除し、自然な食物の持つ様々な栄養素をバランスよく摂取することによって人間が本来持っている身体の機能を高め、病気を排除しようとするものです。日本ではあまり知られていませんが、欧米では有名な治療法です。ドイツの医学博士マックス・ゲルソンが開発した食事療法で、癌を治し直した方が数千人もいると言われています。

 

3 高濃度ビタミン療法とは

 高濃度のビタミンCは癌細胞を死滅する抗癌剤機能があると言われています。2007年には「高濃度ビタミンC点滴療法がガン患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善し、QOL (生活の質)を改善する」と韓国医師会雑誌に論文が発表されています。副作用がありません。

 一般に、高濃度ビタミン療法は標準治療(手術・抗癌剤治療)が無効の場合、標準治療の効果を促進させる場合、標準治療の副作用を抑える場合に使われます。Rさんの場合は上の3つのどのケースにも該当しません。最初から標準治療に頼らない代替治療を選択したケースです。代替治療には様々な方法があります。いろいろ試してみて自分に合う方法を選択すればいいと私は考えます。標準治療には肉体的負担・副作用が伴います。避けることができるのなら避けたほうがいいかもしれません。

 前立腺癌の治療法として、ゲルソン療法・高濃度ビタミン療法・ラドン浴療法3つの治療法を併用していますが、肉体的負担・副作用を回避したという点では最良の治療法を選択したと言えるのではないでしょうか。

 

 以上が私の個人的見解、治療法についての補足説明です。

 弊店にはホルミシスルーム、ラドン吸入器(ガイアイオンのこと)があります。もし興味のある方は池袋のたんぽぽ堂まで御来店下さい。初回電話予約にて無料体験実施中です。

 

以下の内容は前立腺患者のケーススタディとして取り上げたものであり、効果効能を保証したものではありません。予め御了承ください。

 

 

 

 

たんぽぽ堂代表  苗村文江

 東京都豊島区東池袋1-47-2 サニーハイム805

070-5551-7702(苗村) /080-3158–5112(中川)/070-5366-5112(中川)

 http://tanpopodo.info/

nakasho5@live.jp