東京 池袋唯一のラドン浴ルーム、ホルミシスルームのお店 たんぽぽ堂

070-5551-7702

ガイアイオン ホルミシス 睡眠不足

 今日のブログの内容は前回の続きです。「睡眠時無呼吸症候群」(SAS= Sleep Apnea Syndrome)という症状を御存知でしょうか。「睡眠時無呼吸症候群」とは、寝ている間に何回も呼吸が止まる症状のことを言います。この病気では眠り出すと呼吸が止まってしまい、身体が酸欠状態になるため睡眠が中断し、深い睡眠をとることができなくなります。このため慢性の睡眠不足の状態となり、昼間の眠気が出現します。潜在的な睡眠時無呼吸症候群の患者は200万人とされ、運転中の眠気は5倍、非SAS患者の4倍で、居眠り運転は5倍、交通事故率は7倍と言われています。

 

 2002年、和歌山県でSAS患者が対向線にはみ出し軽自動車と衝突事故を起こし3人の重軽傷者を出す事故がありました。加害者は、予兆無く急激な睡眠に襲われ前方注意義務を果たせなかったと言われています。この睡眠時無呼吸症候群(SAS)、患者自身に自覚症状が全くなく、多くのSAS患者にはイビキをかくのが特徴です。この交通事故の加害者も、SASに罹っているという自覚症状は全くなく、交通事故を起こすとは思わなかったと言われています。

 

 前回、ホルミシスシートの話をしました。モニターへの実験で、ホルミシスシートには熟睡できる、イビキをかく回数が少なくなる等の効果があることが明らかになりました。1年間1日睡眠8時間、このホルミシスシートを使って寝れば自然放射線以外に余分に3ミリシーベルト/年の放射線を浴びることができます。3ミリシーベルト/年の放射線を余分に浴びることでSASの前兆であるイビキをかかなくなる事は、低線量の放射線がSASの改善に一定の効果があるのではないかと考えます。

 

 「ホルミシス効果」とは、低線量の放射線(ラドン)が身体に良い影響を与える現象を言います。この「ホルミシス効果」の1つに、副交感神経を刺激し睡眠の質を高める効果があります。モニターを使った実験では、ホルミシスシートを使えばイビキかきにくくなるという結果が出ました。ホルミシス効果により、正常な呼吸ができるようになり、睡眠の質が高まったことによるものだと考えられます。正常な呼吸ができ、睡眠中無呼吸に陥らなくなれば、慢性的な睡眠不足も解消されます。それ故、「ホルミシス効果」はSASの改善にもある程度効果があるのではないかと考えます。

 

 自身、疲労回復のためにガイアイオンを使います。ガイアイオンでラドンを吸収すると翌朝かなり疲れが抜けます。熟睡できたからだと思います。人により個人差がありますが、私の場合疲労回復に効果があります。このブログを御覧になられ、ガイアイオン又はホルミシス効果に興味を持たれた方、是非御連絡下さい。