東京 池袋唯一のラドン浴ルーム、ホルミシスルームのお店 たんぽぽ堂

070-5551-7702

3回のルームの使用で転移した癌の進行がストップ

 

 患者は54歳の子宮癌の女性。2006年に子宮癌の外科手術を受けた後、点滴と内服による抗癌剤と放射線による治療で腫瘍マーカー(SSC)も安定したことで、治療も終了した。

 

 

 だが、その後徐々に腫瘍マーカーが上昇。腹腔内に陰影が認められたことで、腹腔内リンパ節への転移が判明した。2007年後半になると、マーカーの上昇は顕著になり、50ng/ml近くまで達した。

 

 

 しかし、患者としては前回の治療で抗癌剤の副作用で激しく苦しんだうえ、抗癌剤投与にもかかわらず再発を招いたこともあって、抗癌剤治療を拒否。代わりにホルミシス治療を選択することになった。

 

 

 2008年6月から週3回のホルミシス療法と温熱療法を開始。すると、治療開始直後に倦怠感などの症状に改善が見られ、さらなる集中治療によって上昇一方だった腫瘍マーカーも下降に転じ、CTスキャンに映される腫瘍の拡大も止まったという。

 

 

 現在抗癌剤を使用せずにホルミシスと温熱療法のみによる治療を行っているが、腫瘍の進展は効果的に抑制されている。特に患者のQOLの改善は著しく、倦怠感もなく、食欲も旺盛。支障のない日常生活を送ることができているという

 

 

 現在の課題はいつまでもホルミシス療法を続けるかだが、万一腫瘍がなくならないまでも、「進展を抑えることで共存。支障のない日常生活を送ることができれば、悪くないのではないかと考えています」と高取医師は患者の未来を見据える。