東京 池袋唯一のラドン浴ルーム、ホルミシスルームのお店 たんぽぽ堂

070-5551-7702

 ホルミシス効果 ラドン浴療法 リウマチ

 

 以下の内容は、リウマチ患者C(60代女性)がリウマチの治療のためにラドン浴療法を行った時のことを簡単にまとめたものです。是非、御覧下さい。

 

 なお、リウマチ患者Cさんがラドン浴療法でリウマチを回復したケースを取り上げたもので、効果効能を謳った、あるいは、保証したものではありません。その点につき、御理解・御了承の程、よろしくお願い致します。

 

 「この女性は長年リウマチに悩まされ、膝が固まっても正座もできないほどで、杖を突き、這って歩くような状態でした。プラセンタ注射とラドン浴療法を同時に行ったら、驚いたことに1回の治療で曲がりなりにも普通に歩くことができるようになりました。まだ、3回治療を行っただけですが、杖を突かなくてもすむまでに回復し、痛みも和らいでいます。」

 

 1 リウマチについて

 リウマチとは、手足の指や手首、肘や膝といった全身の関節に炎症が起こり、腫れや激しい痛みを生じる疾患です。主な症状は、浅のこわばりと関節の痛み・腫れ(関節炎)です。これは、免疫が異常により生じる疾患で、人間の体内には細菌やウィルスなどの外敵を排除するシステムがあり、抗体が体の一部を外敵と錯覚して正常な細胞や成分を排除することが原因だと考えられています。基本的に、リウマチ治療には薬物療法を行います。

 

 2 プラセンタ注射

 リウマチの標準治療として薬物療法が行われますが、吐き気や倦怠感、胃痛や微熱などの副作用を伴います。しかし、プラセンタ注射療法には副作用がありません。薬物療法に変わる代替治療として利用されています。抗炎症作用・鎮痛作用があり、プラセンタ療法はリウマチ治療に効果があります。ただし、プラセンタ注射は保険の適用が認められていません。

 

 3 ホルミシス効果とリウマチ

 ホルミシス効果には、免疫を正常化させる機能とホルモン分泌機能があります。ラドンを吸入することで免疫が正常に機能するようになれば、抗体が正常な細胞・成分を外敵と謝って判断して攻撃することもなくなります。また、副腎から糖質コルチコイドという抗炎症作用のあるホルモンが分泌されることで炎症をおさえる効果を期待することができます。また、メチオエンケファリンという鎮痛効果のあるホルモンが分泌されることで、リウマチの痛みを除去・軽減する効果が期待できます。

 

 4 Cさんのケース

 Cさんは、薬物療法を選択しませんでした。薬物療法には副作用が伴います。プラセンタ注射とラドン浴療法を併用することで副作用を回避することができました。一般に、プラセンタ注射には鎮痛作用・抗炎症作用があります。また、ホルミシス効果には他の治療を促進する機能、ホルモン分泌による鎮痛作用・抗炎症作用、免疫機能の安定化・向上といった効果があります。Cさんは、標準治療を選ばず、プラセンタ注射とラドン浴療法を併用する治療法を選択しました。Cさんにとって、この治療法は即効性があり、すぐにリウマチの改善に成功しました。

 

 このケーススタディから、私は、必ずしも標準治療(薬物療法)を絶対視する必要はないと感じました。むしろ、代替治療(プラセンタ注射、ラドン浴療法)により、副作用を回避、短期間でのリウマチの改善に成功しています。しみじみ、代替治療の重要性・意義を感じさせられました。

 

 初回、電話予約にて無料体験実施中です。是非、御来店下さい。

健康サロン たんぽぽ堂 代表 苗村 文江

東池袋1-47-2 サニーハイム805/070-5551-7702