東京 池袋唯一のラドン浴ルーム、ホルミシスルームのお店 たんぽぽ堂

070-5551-7702

ホルミシス ラドン ヘルスマイン

 

 ヘレナ空港から高速道路を走り1時間のボルダーという小さな町の丘陵地帯に「フリーエンタープライズ・ラドン・ヘルス・マイン」というラドン浴施設があります。1924年に銀・鉛の採掘鉱として、地下深くまで採掘が進められていました。1951年、同鉱山の地下鉱山を数回訪れた女性が持病の骨液嚢炎を消失したことから評判になり、健康施設になりました。

 

 ヘルスマイン鉱山におけるラドン浴について、モンタナ州法のガイドラインにより年間32時間の時間制限があります。おおよその目安ですが、着衣のまま1時間半坑道内でラドンガスを吸うのを約10日間続けるのがワンクールとされています。

  

 ヘルスマイン

 

 ヘルスマイン鉱山における適応症に、次のものが挙げられます。

関節炎、関節硬直症、痛風、気管支喘息、肺気腫、繊維腫、偏頭痛、前立腺障害、乾癬、湿疹、狼瘡

 

 このウラン鉱石の採掘跡を利用したヘルスマイン鉱山、高純度のウランは既に発掘済みで現在は廃鉱になっています。廃鉱の坑道にはエレベータで行きます。坑道内のラドンの数値は最も低い場所でも0.5usv/hと非常に高濃度で、玉川温泉の約10倍と言われています。

 

 毎年、病気・症状の治療・回復のために訪れる方も大勢います。ヘルスマイン鉱山のラドン坑道での治療に成功したケーススタディについて2つ程簡単にまとめました。

  

1 着替えも歩行もできず、足は腫れあがり、靴を履くこともできなかったが、何とか歩くことができるようになり、日常生活を送るのに支障がないレベルにまで回復した。

2 関節と膝の痛みのためほとんど歩行困難だったが、歩くことができるようになった。疲労感もひどかったが、それも今では全くといいほど感じなくなった。痛み止めの薬を常用していたが、歩いても痛みを感じなくなり薬も飲まなくなった。

 

 以上です。

 

 「ホルミシス効果」とは、少量の有害物質は身体に良い影響を与えることを言います。2つのケーススタディでは、ヘルスマイン鉱山に来た当初歩くことができなかった訪問客は坑道内のラドンを吸うことでヘルスマイン鉱山を出るときは歩くことができるようになりました。坑道内のラドンを吸うことで病気・症状の回復に成功したという意味で、この2つのケーススタディはホルミシス効果を実証すると言えるでしょう。オーストリアのハイルシュタイン坑道でも、中に入ったら短期間で歩くことができるようになったというケーススタディがあります。このハイルシュタイン坑道のケーススタディも、ラドンを吸うことで身体の機能が高まった(ホルミシス効果)を示唆するものとして考えられています。

  

 弊店では、人工的にラドンを発生するホルミシスルームを設置しています。このホルミシスルームでラドンを吸えば、ヘルスマイン鉱山と同様、ホルミシス効果を体感することができます。興味のある方は、是非御来店下さい。初回電話予約にて無料体験実施しています。